銀行から融資を受ける際の留意点:審査基準

融資を受けるときには審査を受けなければなりません。
審査の方法は融資を行っている業者によって異なっています。
審査基準は金融機関がそれぞれの情報を元にして定めていますから、金融機関ごとに異なっています。

 

銀行の審査基準は他の業者に比べると厳しい傾向があります。
収入が一定以上必要となったり、あるいは勤続年数が一定以上必要となる場合が多いでしょう。

 

消費者金融から借入をする場合と比べると、明らかに審査基準が厳しい場合が多いのです。
審査基準が厳しいために手続きに時間がかかるという傾向はあるでしょう。
審査基準のひとつとして年収がある場合も多く、その場合には年収を証明する書類を提出しなければなりません。
そのためには手続きに一定の時間はかかります。
すぐに借入できない場合も多いのです。

 

ただし、銀行と言っても色々な銀行がありますから、銀行ごとに審査基準は異なります。
ある銀行では借入ができなかったとしても、別の銀行では意外にあっさりと借入ができる場合もあるのです。
審査の内容は公開されていない場合がほとんどですから、事前に審査に受かるのかどうかは分からない場合が多いでしょう。

 

ただ、古くからある大手の銀行から借入する場合には審査基準が厳しいという傾向はありますが、ネット銀行の場合にはそれほど厳しくないという傾向はあるようです。
ネット銀行も独自に基準を定めていますが、融資に積極的なネット銀行もあるのです。