銀行から借り入れる際のポイントについて:個人・自営業融資の場合

自営業やSOHOなど、個人事業主が銀行から借入する場合には、どのようなことが必要でしょう。

 

ポイントとなるのは、その銀行との実績と借入に必要な書類の適正と内容です。
新しく取り引きする銀行で個人事業主が融資を依頼しても、まず無理な場合が多いでしょう。
ある程度の期間、借入を希望する銀行で定期預金をしているか、光熱費や通信費、公共料金などの引き落としを利用し、且つ問題なく引き落とされていることが重要なポイントになります。

 

銀行で受けることのできる融資は、運転資金や設備資金などですが、各自治体などで設けている、比較的利率の低い融資制度を利用する場合が多く、それを利用して銀行から借入をする場合が多いでしょう。
基本的に保証人や担保も要らないのですが、信用保証協会の保証付き融資を銀行で申し込むことができます。
融資については、個人事業主として利用している銀行の窓口や信用保証協会に相談すると良いでしょう。
条件がいくつかありますが、まず、個人事業主として、毎年確定申告をしていることが大切です。

 

いくら自分で収支報告書などを提出しても、確定申告をしていない場合は、客観性がないとみなされてしまいます。
また確定申告をするのは、義務であるわけですし、ある程度の所得があるのであれば、納税義務もあります。
国民の義務を果たしていて、はじめて借入ができる条件が整うと考えるのが良いでしょう。

 

借入する場合には、過去3期分の確定申告書の控え、借入内容の確認書類や残高申告、印鑑証明などが必要になります。
必要書類は、銀行によっても違いがありますので、確認が必要です。