銀行から借り入れる際のポイントについて:法人銀行融資の場合

新しく会社を立ち上げた場合や、どうしても経営困難になって借入が必用なってくる場合があります。
その際、銀行から借入をする場合、色々な方法がありますが、今回は、法人向けの銀行融資をご紹介いたします。

 

株式会社などが、初めて融資を受けようとする場合は、一番先に、日本政策金融公庫をお勧めします。
こちらは、一般の銀行と違い、法人銀行融資になりますので、長く借入も出来ますし、何より、金利が安いというメリットがあります。
他に、中小企業の場合、信用保証協会の保証付き融資の借入を受けることが一般的です。
信用保証協会の保証があると、銀行側からすれば、貸し倒れのようなリスクが最小限に抑えられるので積極的に融資をしてくれます。

 

法人銀行融資の場合、国がしている金融機関なので、中小企業や、創業者、開業したての方に積極的に融資をしてくれます。
さて、法人銀行融資を受ける際、このポイントが必用になってきます。

 

1.まずは、資金の用途をはっきりさせます。これが、曖昧ですと、信用にもかかわってきますので、きちんと何故、必要なのかをきちんと示さなければなりません。
2.入金や支払などの資金移動の多い口座を開設させます。売上入金や仕入れ、経費などの動きがわかりますので、会社に対する理解が高まり、受けやすくなります。
3.出来れば法人成りをします。法人の方が評価が高くなり、株式会社とするのが一番いいでしょう。
4.試算表などを作ります。これは、会社の資金繰りや返済の予定なども入るので、書類として提出しても受けやすくなります。
5.税金は滞納せず、支払っておきましょう。
6. 不動産担保などは、あまり頼りにせず、また、関連会社なども、はっきりとさせておくといいでしょう。

 

一般的より借りやすいとはいえ、やはり、信頼と信用が第一になってきます。
受けやすくするためにも、信頼できる書類作りと対策が必要です。